自己処理の必要はあるのか

脱毛機器はどのように肌とムダ毛を判別してるのでしょうか?
肌の中のムダ毛に反応するといっても正確には肌の色素に反応し、ムダ毛は肌に比べ色が濃くて脱毛器はその色に反応するので機器は作用します。
なので、ムダ毛がなくてもほかの肌より黒いところに反応し、タトゥーの色はムダ毛などの用にメラニン色素と異なりますが、脱毛機器はそれもムダ毛と認識して誤って作用してしまいます。
火傷以外に、刺青が薄くなるなどトラブルが起きるケースがあるので、エステではタトゥーをはじめホクロなどがあるところへの脱毛をしてないケースがほとんどです。
もしタトゥ—を入れてるときに受けることができないのは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で、そのほかの原理でされている脱毛は問題ないです。
もし、タトゥーを入れていて脱毛を受けたいなら、ニードル脱毛がいいでしょう。
これは毛穴に直接針を刺して電流を流して、毛乳頭を破壊させる方法。
高度な技術が必要になる方法で施術できるのは医療機関やエステシャンに限られます。
この方法はタトゥ—や刺青の有無にかかわらず行えます。
ですが、ニードル脱毛はフラッシュに比べて痛みが強くて価格が高いです。
もし自己処理が必要なら、どういった方法で何日まで処理して行けばいいか疑問になりますが、クリニックでも自己処理が必要になるのが一般的で、すべてのクリニックでそうしてくるように指示はされず、必要ないといわれることもあります。
どの範囲を処理すればいいかはクリニックにより違うので、自分が施術を受けるところに直接確認してみてください。
もしも、私と同じく金沢エリアで安心安全の脱毛サロンに通いたいとお考えの方は、以下のランキングサイトが役立ちますよ♪
金沢で脱毛するならここをチェック

自己処理の必要はあるのか